我が家には2010年4月に女の子が産まれました。

 

それまでは仲が良かった夫婦関係は危機に陥りました。

 

妻が夫である私を攻撃するようになったのです。

 

毎日のように罵られて過ごしました。

 

また、朝言っていたことが夜には違うことを言っていたりするのです。

 
ひとつ例を挙げます。

 
今日、取り込んであった洗濯物を畳んでいると

 

「勝手なことしないで!無能だと思われているようで腹が立つ!」

 

と言われます。

 
あまりに激しく罵られたので翌日は手を出さないようにしていると

 

「私は忙しくしているのにあなたは何も手伝ってくれない!」

 

と言われます。

 
状況は変わらないはずなのですが、言うことが変わってしまいます。

 

 

最初は私が余程いけない行動をしているのかと反省していましたが、3か月くらい経ったあるとき

 

「これは 変だな」

 

と思い始めました。

 
そしてネットで情報を探し始めました。

 

そうすると、どうやら妻は「産後うつ」かもしれないということを知りました。

 

「産後うつ」というと、ひどくふさぎ込むというイメージしかなかったのですが、攻撃的になる人もいると のことでした。

 
いろんなサイトやヤフー知恵袋などを見て、間違いないなと確信しました。

 
原因がわかったことで少し楽になりました。

 
少し楽になったとはいえ、やはり私への暴言はとまりませんでした。

 

 

話は少し前後しますが、妻は産後2か月程実家へ帰っていました。

 

休みの日には前日から、私も妻の実家へ泊まりに行っていました。

 
ゴールデンウィークも重なっていたこともあり、かなりの時間を妻の実家で過ごすことになりました。

 
そこで私は罵られ続けたのです。

 

私がいないところで、私の悪口を自分の両親にかなり言っていたようで、

それを真に受けたご両親は私を攻 撃し始めました。

 
つまり、四面楚歌状態です。

 
そんな状況なら行かないという選択肢もあったのですが、そのときは「これ以上怒らせてはいけない。

 

一生 懸命やらなければ」という思いで通い続け、精神的におかしくなっていました。

 
子供が産まれて嬉しいはずなのに心が晴れず、自殺まで考えるようになってしまいました。

 
私は営業で高速道路をよく使うのですが、「このままガードレールに突っ込みたい」と考えてしまいました 。

 
実家から私たちが住むマンションに戻ってきても状況は同じでした。

 
いくら罵られても下手にこちらから反撃すると、またご両親に告げ口されるのではないかと恐怖でした。

 

一週間ずっと「あー、イライラする!」と絶えず言われてため息をつかれたこともありました。

 
出産後、月日が経つにつれてその頻度は少しずつ減っていきました。

 

とはいえ、1週間おきに来る時もあれば、1か月空いたりもしました。

 

「産後うつ」ではないときには攻撃はされませんし、出産前のやさしい妻に戻ります。

 

ですから、ネットで、攻撃は病気だと知ることができたので耐えることができました。

 
また、友人にこのことを打ち明けると「実はうちもそうだったんだ」と聞くことができ、それも支えになり ました。

 
平穏を取り戻せたのは妻の授乳が終わったころでした。

 

 

授乳終了後は体が楽になったようで、やさしい妻が戻ってきました。

 
しかし、その攻撃の日々は私にトラウマを残してしまいました。

 

妻の両親への恐怖心が消えず、妻の実家へ行ってもあまり話すことができなくなりました。

 
それ以外にも、心のどこかが壊れてしまったようで、メンタル的に不安定になってしまいました。

 
心療内科へ電話をしたことも何度かあったのですが、予約が2週間先などと言われると受診を止めてしまい ます。

 

マックスでしんどいときに電話をしているので、今すぐ助けてほしいと思って電話をしてそのギャップに苦 しみました。

 
産後の女性はホルモンバランスが崩れてしまい、情緒不安定になることが多いようです。

 

頭ではわかっていて支えてあげたい反面、夫としても感情的になってしまい、

ひどい場合には離婚へ発展す るケースも多いようです。

 
芸能人でも出産後すぐに離婚してしまうのはこういった理由からなのかもしれません。

 

芸能人なら報道されますが、

一般人の場合は報道されませんので、こういった産後うつによる離婚は多いと 思います。

 

 

女性の「産後うつ」については社会的にも理解されてきているので、ケアやサポートの体制は整いつつあり ます。

 
しかし、夫の心のケアはノーガード状態です。

 
これからは「産後うつ」に対する夫のケアも必要な時代だと思います。

 
というか、私の願いです。

 

実は2014年1月に2人目の子供、長男が誕生しました。

 
既に1か月経ち前回よりは落ち着いていると思っていましたが、やはり私を攻撃し始めました。

 

これが自宅に戻ってきたときにどうなるかはわかりません。

 
一度経験しているので免疫ができている反面、一度壊れてしまった心で耐えることができるのかがわかりま せん。

 

一人目の出産をキッカケにして、私の自律神経は大きく乱れ、腰痛をはじめ、過換気症候群などの症状が出 始めました。

 
そこへ仕事の強烈なストレスが追い打ちを掛けました。

 
一人目のときには仕事のストレスはさほどでもなかったので大丈夫でしたが、

次にダブルで来るとやばいな あと思います。

 
前回は、趣味の釣りに出かけたりしまして何とかしのぎましたが、今回はどうなるか。。。

 
また、報告しますね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私が試行錯誤の末、自律神経を整えることに成功したのは

青汁でした。

体験談をまとめてみましたので、一度読んでみてくださいね。

⇒私の『自律神経改善』体験記